フライドポテトでマフィンベリー

Posted: 12月 27th, 2014, by kuronin

わたしは7~8年前にオーストラリアにワーキングホリデーに行っていたのですが、食生活がガラッと変わったせいか一年で7キロほど増えました!体で一番変化があったのはウエスト。。

ほんとに自分でもびっくりするぐらいのお肉のつき方でした。ジーンズやスカートを履いてボタンをすると、その上にお肉がモリッと乗るんです。オーストラリアでは、外食をするときにとにかく何でもフライドポテト(向こうではチップスと呼びます)がついてきます。

ステーキにチップス、フィッシュフライにチップス、パイにチップス・・ おまけに日本では当たり前のようにサイドにちょこっと乗ってくるサラダが当たり前ではないので野菜もとれず、かなり不健康でバランスが悪いです。

最初はびっくりしましたがそのうちすぐ慣れて、チップスがないと物足らないようにもなりました(笑)。そんな生活を続けていたら太るのも当たり前なんですけど。。

日本に帰国して、空港のトイレの鏡で自分を見たときにほんとに焦りました。ジーンズの上に何かが乗ってるんです!ちなみにオーストラリアの友達に、腰回りに肉がついてジーンズから肉がはみ出るのはマフィンの上の部分がポコッとはみ出ているのに似ているからマフィンベリー(ベリーはお腹という意味)って言うんだよって言われましたが、まさにその通りだと思いました。

それからしばらくは周りの目が気になってしまい、買い物もお出かけも楽しくありませんでした。見られてるわけではないかもしれないのに、どうしても見られてるような気がしていました。知り合いのおじさんには肉付きが良くなったなあと笑われたこともありました。

わたしは正直ダイエットとかが苦手で、これを食べない、とか甘い物を抜く、というようなことがあまりできなかったのですが、それでも何かしなければと思って、ちょっとしたことを続けて頑張りました。

たとえばエスカレーターではなく階段を使うとか、階段を上るときにあえて腰を左右にひねりながら上るとか、時間があるときに早歩きで散歩するとか、毎晩腹筋を続けるとかです。それと、フライドポテトは極力控えました(笑)。少し時間はかかりましたが、なんとか少しずつ腰回りが小さくなりました。

ただ、今でも甘い物や脂っこいを食べ続けたりするとすぐに腰回りから太ってしまいます。年齢のせいか、お肉を落とすのが難しくなり、体重が少し減ってもウェストは変わらなかったり。。

これまた年齢のせいか、昔ほど周りの目が気にならなくなりましたが、それでもやっぱり鏡に映った自分を見ると溜息がでます。いつかもっと細くなって、オシャレな服をおもいきり楽しめるようになりたいな。

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報